サクラはであいサイトの中で、0の方が安心するかもしれません。
しかし、サクラが仮にいなくなっても別の問題が発生するのも実情です。
不要な存在であるサクラですが、実はリスクからの抑止力として働くこともあります。

サクラがいないとリスク!?

優良や安全と言われているサイトにも、必ずサクラは紛れています
もう十分にサクラは少なくても良いのですが、ユーザーの中には悪意を働くもの業者が紛れ込むこともあります。

それこそ、会員同士でトラブルが発生すれば、運営側が対処しなくてはならない場合もあります。
無秩序に出会えたとしても、完璧に安全とは言い難いのです。

悪徳業者を見抜くためにも

そのためにも、サクラを用意すれば、悪徳業者に当たったときに、どういうパターンなのか把握できます。
サイト内を常に巡回しても、実際にやり取りしないと不明な部分が多いので、サクラが業者とやり取りすれば、結果的に一般ユーザーだけが残ります

優良だとサクラは使えない

サクラの目的はあくまでも、比率を合わせるため運営を継続させるものです。
しかし、会員数も一定に収まるとサクラは無意味になります。
その代り、女性ユーザーは定着させて欲しいので、CB(キャッシュバッカー)制度を用いることにしたのです。

CBは一般の女性ユーザーが登録して、やり取りをすれば、相手のポイント分が入るという仕組みです。
この制度があるので、サクラと勘違いして「優良でも出会えない…」といったトラブルもあります。

サクラの存在が警戒心を強める

サクラがいなければ警戒心を強める必要がなくなる…と思いますが、全くサクラが0になれば、ユーザーは警戒を弱め、悪徳業者の餌食になることもあります。
そうならないようにも、サクラという不必要な存在をわざと配置させることで、ユーザーに慎重になるようにしているのです。

悪徳業者やサクラがいなくても、今度はユーザー間とのトラブルが発生します。
これを考えると、サクラはトラブルを回避する貴重な存在で、ユーザーの目を肥やす種となっているわけですね。